市販とプロストックの違いについてのレポート

 27, 2013 17:36
市販品とプロストックの違いを細かくセッティングを同じにして、
打ち比べてくださった方からの感想レポートです。

興味深かったので、掲載いたします。

注意!
また、これはあくまで個人の意見ですので、感じることには個人差があります。

ラケットはプレステージプロです。


遅ればせながら感想です。
届いた状態で一本しばし打ち込んでみました。

全て市販モデルと比較してです。

◎メリット

1.非常にボレーが楽。
2.サーブのスピード、コントロール共精度が上がります。
3.フォアバック共、スイートに当たった時の感触が何ともいえず良く、
  手へのフィードバックは秀逸。ぼやけた感がなくなりました。
4.スピンは、バック、フォアともよくかかります。
  スライスもよく滑ります、よって打てるスライスの種類が増えました。
5.小細工が上手になったような気がする??
  (トップスピンロブ、ドロップショット、アングルなど精度が上がる)

△デメリット

1.ストリングの消耗が激しい
  (実プレイ時間で8h位しか持たない)
2.スイングウエィトが重かった。
*1h位越えると、
  振れなくなり、バックアウト…多発(笑)

 元々、ウエイトが貼ってあったトップ部分のウエイトを
 4時から5時方向に移動させてOKでした。
試行錯誤で1か月かかりましたが…。

これで実戦投入できます。

サーブの速度が落ちた事と、ストリングの消耗が激しいのはそのままですが、
かなり思い通りに打てるので楽しいです(笑)

このフレームは、ねじり剛性が非常に高いようで、変位量が少ない分、
ボールコンタクト時のエネルギーによってストリングの動き量が増加すると
考えるべきなのでしょうね。

今のところこんなところです。ベースラケットが自分に合致していたので
助かりました。大満足です。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

WHAT'S NEW?